ながので働きたい人と企業のための情報サイト 長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、小川村、飯綱町

おしごとながの

おしごとながのトップページへ

文字サイズ

背景色

メニュー

産業

人と自然にやさしい農業

農業を基幹産業とする高山村は、いち早く環境保全型農業にとり組んできた先進地
始まりは昭和57年村内の家庭や旅館から排出される生ゴミや畜産農家から発生する牛ふんをなどを発酵させて良質な堆肥をつくり、農地に還元する取組みでした。現在は「フクイハラコンポ」として孫藍の農家に提供されています。平成3年からは人口フェロモンを利用した果樹の減農薬栽培や、水稲の無農薬栽培等にも取り組むなどして、人と自然にやさしい高山村の農業が評価され、全国環境保全型農業コンクールで農林水産大臣賞を受賞しました。

恵まれた気候風土が育むおいしい果物

村の西部に広がる松川の扇状地は、年間平均降水量が少なく、標高が高いため冷涼で昼夜の寒暖差が大きい気候や、西傾斜による長い日照時間、砂礫質で水はけの良い土壌などに恵まれ、りんごやぶどうの果樹栽培に適する絶好の場所。高山村産の果樹は味が抜群と評判で村の名産品になっています。最近ではワインぶどうの栽培も盛んで、国内でも有数の高品質のワインぶどう産地として評価が高まっています。

りんご
エコファーマー認定農家が、資源の循環や減農薬栽培による、人と自然にやさしい環境保全型農業を実践し、安心安全なりんごを作っています。一つひとつ丁寧に育てられる高山村のりんごは、「信州高山さわやかりんご」というブランド名で、甘くて色付きが良く市場等から高い評価を得ています。

ワインぶどう
今、高山村のワインぶどうが注目を集めています。おいしい果物の産地である高山村の気候・風土は、ワインの名醸地といわれるフランスのシャンパーニュやブルゴ-ニュの北部地方に近いと言われています。この恵まれた自然条件を生かして栽培されるをワインぶどうを原料とした「高山村産ワイン」が、さまざまなワイナリーで造られ、国内外のワインコンクールでの入賞や長野県原産地呼称管理制度の認定を受けるなど高い評価を得ています。

ながライフ

ながライフ

ながので働きながら、ながのライフを楽しもう!

マップ
PAGE TOP