ながので働きたい人と企業のための情報サイト 長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、小川村、飯綱町

おしごとながの

おしごとながのトップページへ

文字サイズ

背景色

メニュー

暮らす、村。

小川村は長野県の北部、長野市の西隣に位置します。雄大な北アルプスの眺望は日本一!の人口3,000人ほどの小さな村です。村の面積の7割が山林で、標高500~1,000mの地域で人々が暮らしを営んでいます。春夏秋冬、里山の自然と星が美しい場所でも知られています。

村内各所に走る曲がりくねった山道の先には、ていねいに耕された畑が連なり、かつては蚕を飼ったという農家の集落があり、人々が今も山の恵み、里の恵みを大切にしながら暮らしています。自然と人の営みが生み出した尊い風景が今も残る村です。
郷土料理は「おやき」です。山間のために水田が少なかった昔、畑作地帯の日常食でした。耳たぶぐらいにやわらかく練った小麦粉に味噌や醤油で味付けした季節の野菜をたっぷり包み込み、焼いたり蒸したりした信州北部特有の郷土食です。一つのおやきに生野菜がどんぶり1杯詰まった健康食でもあります。そのおやきが有名になったのはここ小川村からでした。今では、この「おやき」を求めて県外からリピーターもいるほどです。ぜひ食べてみてくださいね。

おやきと言えば、小川村のご当地キャラ「おやキング」の事も覚えてくださいね。
王冠は北アルプスの大展望で、「お」はおがわの「お」、おやきの「お」、木々の緑も表しています。目は小川村特産西山大豆。目と鼻で「小」、髭で「川」になっています。満天の星空が見える小川村自慢の「星」のステッキを持っています。もちろん顔は小川村の美味しい「おやき」でできています。アンパンじゃありませんよ!!
おやキングの最新情報などはLINEで配信していますので「小川村観光協会」もしくは「@oyaking」で検索してみてくださいね。

ながライフ

ながライフ

ながので働きながら、ながのライフを楽しもう!

マップ
PAGE TOP
お気に入り
企業一覧