ながので働きたい人と企業のための情報サイト 長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、小川村、飯綱町

おしごとながの

おしごとながのトップページへ

文字サイズ

背景色

メニュー

飯綱町の農産物

飯綱町は降水量が少なく、昼夜の寒暖の差が大きい内陸性の気候で平均気温は10.9℃。町の中心には飯縄山から流れる清冽な雪解け水を集めた鳥居川が流れ、飯縄山からの雪解け水や鳥居川より取水した用水により豊かな農村地帯を形成しています。この内陸性の気候と清純な天然水により養分をしっかりたくわえた、おいしい農産物を育んでいます。

りんご

飯綱町を代表する農産物。その気候条件から、品質の高いりんごを生産しており、全国のりんごの100個に1個は飯綱町産のりんごです。おいしいりんごを育む気候条件は、りんご以外の農産物も同じように育み、この土地に豊かな恵みを提供しています。

お米

良質なお米を産出することでも有名で、JA出荷における特A一等米比率は90%以上です。飯縄山からの清らかな水と気候は、甘みと輝きの際だった格別なお米を育てます。平成27年10月には、宮中行事『新嘗祭(にいなめさい)』の献穀米を献上する農家も誕生しました。コシヒカリ、ミルキークイーン、風さやか、ゆめしなの、あきたこまちなどの品種が栽培されています。

もも

桃の花の名所としても知られている「丹霞郷」を中心に栽培されている飯綱町の桃。「丹霞郷」は、この地を訪れた日本画家の重鎮である岡田三郎助画伯が、「丹(あか)い霞がたなびくようだ」と、その景色を絶賛したことから「丹霞郷」という名がついたといわれています。驚くほどの重量感と独特の実のしまり、あふれる甘さが絶品の桃が栽培されています。標高差を活かした丘陵地で栽培されているため、8月初旬から9月中旬まで楽しむことができます。

ながライフ

ながライフ

ながので働きながら、ながのライフを楽しもう!

マップ
PAGE TOP
お気に入り
企業一覧